中小企業診断士を目指していた頃の話

中小企業診断士 独学勉強の進捗 [8/4] 平成30年度1次試験1日目

ついに1次試験本番を迎えました。

結果等は後日書くとして、今日は各科目の感想を簡単に書きたいと思います。

経済学・経済政策

例年通りの難易度だと感じました。

やはり初日の最初の科目なので、若干の緊張があり、100%の力を出しづらかったです。

特に最初の傾向を答える問題は苦手です。

財務・会計

難化していると思います。(もしくは自分がただ解けないだけ。。実際どうなんでしょう)

計算問題が少なくなり、本質的な知識を問う問題が多かったと思います。

現在正味価値法の問題は特にそう感じました。

企業経営理論

これも若干難化したのではないかと感じました。

実際のところどうかは分かりませんが、自分にとって初めての理論等もでてきていて、なかなか選択肢が絞り切れなった問題がありました。

運営管理

初めてみる問題と、計算問題が増えました。

計算問題は前提条件をしっかり理解すれば、解ける問題かなと思いましたが、最初は焦りと前提条件の見落としでまったく解けず、後回しにしておりました。

果たして結果はどうか。。。

明日の2日目は切り替えてのぞみたいと思います。

-中小企業診断士を目指していた頃の話
-

© 2021 ウチの方舟