中小企業診断士を目指していた頃の話

中小企業診断士 独学勉強の進捗 [3/3]

こんにちはAkiraです。

本日の学習時間は3.0時間でした。

昨日までの出張中はなかなか学習時間がとれず、まったく勉強しない日もあったので、今日からは再度気を引き締めて学習再開です。

もともと2月中に経営情報システムは終わらせる予定でしたので、若干計画から遅れています。

学習の進捗

本日は速修テキスト(経営情報システム)の第6章と第11章のインプットを行いました。

 

本日の学習内容

  • 通信ネットワーク
  • 情報システムの開発

 

第6章の動画がアップロードされていたので、まずやり残していたこの章を学習しました。

このOSI基本参照モデルのデータリンク層やネットワーク層って基本的なことなんでしょうか?

どこの層でどのようなネットワーク機器が使われるのか(例えばデータリンク層ではスイッチングハブなど)、どの層ではどのようなプロコトルが使われるか(例えばネットワーク層ではIPなど)というのが非常に重要そうなのですが、あまりに初見でピンときていません。

自分で図を書いて時間をかけて覚えていくしかないようです。

ただ自分が不慣れな分野で、名前しか知らないような用語(IPアドレス、MACなど)の意味や使用用途が分かるのは楽しいです。

覚えることが多すぎてオーバヒート気味ですが、経営情報システムも残りあとわずかですので、頑張っていきます。

-中小企業診断士を目指していた頃の話

© 2021 ウチの方舟